INTERVIEW #01

先輩が温かく声をかけてくれるアットホームな環境。
周囲に助けられながら、文系でも技術が身につく。

K.S / システムエンジニア

K.S

システムエンジニア
専門学校(英語)卒業
2009年入社

「今、やっている仕事が天職だと思え」のひと言が響いた

もともと専門学校で英語の翻訳などの勉強をしていましたが、就活を始めたとき、これまでやったことのない分野にチャレンジしたいなと思い、IT関係の企業を探しました。 当時、10社ほどの会社をまわったのですが、コムコに入社を決めたのは、当時の社長の「今、やっている仕事が天職だと思え」という言葉があったから……。それが強烈に心に響き、忘れられませんでした。今でもこの言葉は私の中に残っていて、自分の仕事は常に天職だと考えています。

写真 K.S

いろんな人と出会える刺激的な職場

私の職種はSEですが、これまで文系の勉強しかしてこなかったので、プログラミングのことはまったく知りませんでした。入社前の研修で初歩的な勉強をさせてもらい、入社後は3カ月ほど研修を受けました。パソコンに文字を打ち込んでプログラムを書き、それを実行して動くものができたときは嬉しかったです。画面に文字が出てくるという程度の初歩的な動作だったのですが、入社して最初の感動体験でした。

研修後の配属先は、金融系の部署でした。証券会社のシステム開発、大手地方銀行の仕事を経て、この2年ほどは大手金融会社のシステム部に常駐しながら、サーバー系アプリケーションの開発保守という仕事をしています。
お客様が問い合わせなどの電話を入れるコールセンターで、オペレーターが使うコンピュータの端末のプログラムをコムコが開発し、私はその保守を担当しているのです。システムに障害があったり、不具合が出たら、すぐに調査して報告するのが主な業務です。
ベテランリーダーの下で、私を含めて6人のスタッフがこの仕事を担当していますが、お客様のシステム部に席を置いているため、直接、お客様と話せるのが楽しいです。また他の協力会社と連携して働く場面もあるため、いろんな会社の人と出会える刺激的な職場でもあります。
その一方で、月に一度はコムコ本社で部会がありますし、若手中心に活動している「社員会」がイベントを定期的に開催するので、帰属意識が弱くなるということはありません。「社員会」では屋形船に乗ったり、バーベキューやボーリング大会などで社員同士が楽しく交流しています。

写真 K.S

真剣に助言をしてくれる、温かな職場環境がある

私は二十歳で入社して、技術的にもできないことが多かったのですが、先輩たちがいろいろと気遣ってくれて、様子を見ながら「なにかあったの?」と声もかけてくれます。こちらから質問をしやすい環境なので、仕事に関してわからないことがあれば、素直に「教えてください」と言えるんですね。
例えば、プログラミングについて、「すいません、本を読んでも全然わからないんです」と聞けば、「それはこういうことだよ。こうやって動くんだよ」と丁寧に教えてくれます。なにかにつけて、とても面倒見がいいのです。そうやって先輩に助けられ、自分でも努力しながら、技術力をつけていきました。

自分でブログラムを作ったら、お客様に納品する前に社内でレビューを行います。その時、問題点があれば「ここはこうしたほうがいいのではないか」「もっとこうしたら良くなるのではないか」と、周囲の人たちが真剣に考えて、解決方法を提案してくれます。その雰囲気がとても温かくて、コムコの魅力の1つだと思います。
やはり1人で考えると時間もかかるし視野も狭くなる……。うちの会社は個人を尊重しながら、相手のことを考えて意見を出してくれるので、仕事の効率も上がると思います。

周囲のみんなでしっかりフォローします

失敗できるのは若いうちだけですから、新人にはどんどんチャレンジしてもらいたいです。いくらでも周囲の人間がフォローしますし、ほったらかしにするということは絶対にありません。また私も文系ですし、私の部下の若手も文系。社内でも2、3割は文系出身者がいるので、技術を知らない文系の人でも、ぜひコムコに興味を持って欲しいです。自分のやる気と努力で、技術は必ず身につくと思います。

オフの過ごし方

小学生の頃からずっとサッカーを続けています。今でも月に2回は社会人チーム「ムスクテールFC」でプレーをしています。また週に一度はフットサルをやっているので、週末は忙しいですね。基本的に仕事はオフィスワークなので、心身のバランスが取れていいと思っています。

オフの様子

1日の流れ

8:50
出勤
今日の予定を確認する
メールチェック
9:00
朝会
進捗報告、情報連携
9:10
チーム内打合せ
仕様確認
10:00
開発作業
Cプログラミング
12:00
昼食
たいがいコンビニ弁当です。
13:00
開発作業
Cプログラミング
後輩のソースプログラムチェック
テスト仕様書作成
18:30
帰宅
明日のフットサルのためにシューズを買いに行きます。